最近のトラックバック

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 平成25年度 第10回横浜市中部ミニバスケットボール秋季大会 | トップページ | 平成25年度 第10回横浜市中部ミニバスケットボール秋季大会 その3 »

2013年9月17日 (火)

平成25年度 第10回横浜市中部ミニバスケットボール秋季大会その2

こんにちは、台風一過で晴れ渡った秋空が実に気持ちいいですね。

さて、その台風の影響で月曜日の試合が一部延期となり、女子の3回戦は22日となってしまいました。

そんな中男子は2回戦、3回戦と順調に勝ち進んで中部の準決勝進出を決めています\\(;^◇^;)//

中部秋季大会 決勝トーナメント第2回戦 鶴ヶ峰 vs 大鳥

鶴ヶ峰 - 大鳥
25 1Q 7
24 2Q 4
17 3Q 5
6 4Q 12
72 Total 28


中部秋季大会 決勝トーナメント第3回戦 鶴ヶ峰 vs 山手中華

鶴ヶ峰-山手中華
13 1Q 12
17 2Q 2
18 3Q 8
8 4Q 12
56 Total 34

 

男子は7チームが市大会に進めるのでこれで確定、一方女子は8チーム進出なのでこちらも決定というわけで今年は男女揃って秋季市大会進出が決まりました!

一昨年は女子のみ昨年は男子のみだったので、これは嬉しいですね。

おまけコラム

ミニバスの試合を見ていて、いまどきの子供達は幸せだなぁと思います。僕も昔はサッカー少年だったり、中学ではバスケ部に所属していたりしたわけですがその当時(の僕が育った地域)は子供のスポーツの試合に大勢の父兄が応援に駆けつけるということは無かったですもんね。 今は父兄が子供の試合の応援に大勢でかけつけるのはあたり前になってますね。

特に市大会や県大会などの大きな試合ともなると応援席もいっぱいで、大歓声につつまれて子供達はプレーすることになります。ワンプレーワンプレーに飛び交う大声援、選手達もノリノリでプレー、となればいいのですがそこは小学生の子供達ですから緊張してギクシャクしたり、雰囲気にのまれて実力を発揮できないなんてことも起こったりします。

土曜日にあった女子の2回戦でも大声援の中、シードチームが敗れるという試合がありました。会場校は選手数も多くて大勢の父兄がいらしてたのですが、それはもう素晴らしい、熱の入った応援でありました。敗れた方のチームは決勝トーナメント初戦から、いきなりの張りつめた雰囲気にのまれてしまったのか、いつもの粘り強いしっかりしたプレーが見られず実力を出しきることが出来なかったように見えました。

敗れたチームとはいつも練習試合やら各種ミニ大会でいっしょになるところでしたので、何とも残念な結果ではありました。

とはいえ、応援がいっぱい来てくれてそれで悩むなんてある意味贅沢な話ではあります。

そして、でも、いいんです。悔しい思いをしても。勝って、負けて、喜んで、悔し涙を流して、チームの仲間や相手チームとの交流があって、そして悔しい思いを胸にまた日々の練習をがんばる。

大声援のプレッシャーもスポーツをやっていたら乗り越えなきゃいけない壁ですしね。

ただ、小学生にとっては乗り越えるのが難しい壁ではあります。沢山練習しても、雰囲気にのまれたら何も出来なくなったりします、そういう意味でとっても歯がゆい思いをした週末でした。

ではまた!次回も秋季大会の続きの報告になります。

« 平成25年度 第10回横浜市中部ミニバスケットボール秋季大会 | トップページ | 平成25年度 第10回横浜市中部ミニバスケットボール秋季大会 その3 »

ミニバス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1623043/53292506

この記事へのトラックバック一覧です: 平成25年度 第10回横浜市中部ミニバスケットボール秋季大会その2:

« 平成25年度 第10回横浜市中部ミニバスケットボール秋季大会 | トップページ | 平成25年度 第10回横浜市中部ミニバスケットボール秋季大会 その3 »